読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊とりらいど

主に頭と足が鳥並の初心者ローディによる活動報告。北摂サイクリング同好会所属。

主に頭と足が鳥並の初心者ローディによる活動報告。
北摂サイクリング同好会所属。

週刊とりくらいむ:十三峠~清滝峠(前編)

 どうも、とりです。

 ローラー台のインプレを期待していた方すいません。

 

 週間天気予報では、今日あたりから崩れると聞いていたので、家でローラー台を試してインプレ予定だったのですが。

f:id:noratori:20160426222454j:plain

 まさかのピーカン。

 こんな天気の良い日に、部屋にこもってローラーを回すなんてハムスターみたいなことはしたくありません。鳥ですし。

f:id:noratori:20160426222927j:plain

 そんなわけで、もはやホームステージともいえる十三峠、スタート地点の大竹7丁目交差点へやってまいりました。

 十三峠(じゅうさんとうげ)

 標高差375m 距離4.0km 平均斜度9.2% 最高斜度14.7%

 

 数字だけみると、先週登った葡萄坂の上位互換な感じです。

 実際には、細かなアップダウンのある葡萄坂と違い、10%前後の斜度が果てしなく続く十三峠では、かなり性質が違いますけどね。

f:id:noratori:20160426224543j:plain

 ともあれヒルクラ開始。

 

 初めて登ったときは、脚を休ませる場所がない急斜度の連続に、心は折れ、脚は尽き、途中3度も脚付き(というか休憩)をし、息も絶え絶えにようやく登り切ったものですが、最近では、ひとまず登頂までペースを保ち、死なない程度の体力を残して登れるようにはなりました。

 

 タイム的には殆ど成長していないのですけどね!

 

 楽にはなっているのにタイムが伸びないということは、楽になった分サボっているということでしょうかね…。

 

 まぁそれはともかくとして、

 

 暑い。

 

 ガーミンさんの温度計が31度とか表示しています…。

 

 4月だというのにどういうことでしょう。

 

 大人しく家でローラー台を回していれば良かったと後悔しつつ登っていると、前方にローディの背中が見えました。

f:id:noratori:20160426230923j:plain

 登り始めたときにはいなかったので、追いついたということでしょうか。

 基本的に、坂道で私より遅いローディには会った事がないので、メカトラブルかもしれないと思い、追い抜きながら様子を見ましたが、そんなわけでもない様子です。

 

 怪訝に思いつつも、人を心配するほどの余力があるわけでもないので、そのままペースを保って登り、無事、ゴールである山頂駐車場に到着。

 自転車を降りて休憩をしていると、追い抜いたローディが駐車場に入って来ました。

 話を聞くと、結構なベテランさんなのですが、病気をしていて1年半ぶりくらいにロードに乗ったとのこと。

 

 良かった、通常状態でとりより遅いローディはいなかったんだ!

 f:id:noratori:20160426233159j:plain

  長くなってしまったので、後編へ続く。